精密専門根管治療

根管治療への想い

私は、「歯科医師は歯を残す事が最大の使命」だと考えています。

『歯の根の病気(根尖性歯周炎)が原因で抜歯になる歯を、少しでも多く救いたい』という思いから、当院ではペンシルバニア大学や南カリフォルニア大学など、世界最先端の歯内療法のコンセプトを基に診療を行なっております。

近年、歯科界においてインプラント治療の普及に伴い、適切な根管治療を行えば残せる歯が、安易に抜歯されることが多くなっています。歯を失ってしまった場合において、インプラントは素晴らしい治療法ですが、歯を残すことができれば自分自身の歯に勝るものはありません。

歯を抜く前に、または歯の根の治療でお悩みの方は諦める前に、是非一度ご相談ください。

根管治療とは

根管治療とは虫歯の進行が歯の神経にまで達した場合に行われる、歯の根の治療のことです。
また、一度根の治療をした歯の再治療(再根管治療)も含まれます。

根管治療をせず放置したり、治療がうまくいかないと抜歯する原因になります。歯を残すための大切な治療です。

根管治療の成功率は、根管治療を適切に行えば70〜90%と非常に高いことがわかっています。
これはご自身の歯を長期的に機能させる確率と言ってもいいでしょう。
しかし、我が国においては根管治療の成功率は先進国の中でも群を抜いて低いのです。日本の保険治療における根管治療の成功率は、50%以下と言われています。

精密専門根管治療の特徴

当院では欧米の専門医と同レベルの根管治療を提供します。これにより歯を長期間もたせることができ、さらには他院で抜歯と宣告された歯でも保存できる場合があります。一般的な保険治療と比べると、治療成績が格段に上がります。

日本の医療保険制度は、いざというときには全国民が安心して医療を受けることができる世界的に類を見ない優れた制度です。しかし、保険制度で保障しているのはあくまで「必要最低限度の治療」であり、「最善の治療」ではありません。歯科治療、特に根管治療の分野においては国の評価が非常に低いため、保険制度の元で最善の治療を行うことは難しく、そのためやり直しが多い現状になってしまっています。根管治療は建築で言えば、基礎工事の部分に当たります。どんなにキレイな被せものを入れたとしても、歯の基礎となる根管治療が不十分では歯は長持ちしません。

①無菌的処置環境

根の病気の原因は、お口の中の細菌です。
処置中や治療期間中に、細菌が歯の中に侵入しないように徹底した管理を行います。また使用する器具の滅菌、ディスポーザブル化も徹底しています。このような治療における「無菌的なコンセプト」の遵守が最も大切です

根の病気は、お口の中の細菌の感染症です。
1mgの汚れのなかに、細菌が1億匹います。

②マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、CTの使用

今までは歯の中を手探りで治療してきました。このため細菌や根の中の汚れをとるのが不十分でした。マイクロスコープを用いることにより、複雑な歯の中を「手探りの治療」ではなく、「可視できる治療」を行うことができるようになります。これにより、病気の原因である細菌・汚れを可能な限り除去できるようになりました。       

北米の専門医は根の治療を行う際、このマイクロスコープの使用を義務付けています。マイクロスコープ、CT共に一台数百万円の導入費がかかるため、日本ではまだ5%程の歯科医院でしか導入されていません。

マイクロスコープの説明

手術用顕微鏡を使用して治療を行います。従来の手探りの治療より精度が格段に向上します。医科では眼科、耳鼻科、脳神経外科などの領域で使われています。

手術用顕微鏡を使うとこれくらい拡大して見ることができます。

見えることによって、細菌の取り残しを防ぎます。

歯の中を細部まで確認することができます。

CT撮影を行うことで、従来のレントゲンでは分からなかった 正確な診断が可能になります。

③豊富な治療経験

精密専門根管治療を行うには、専門的な知識だけでなく高度な治療技術も必要になります。マイクロスコープはあくまで見るための道具であり、使いこなせなければ全く意味がありません。

担当する歯科医師は、治療経験・症例数が豊富です。

④十分な治療時間の確保

1回の治療時間を60〜90分いただきます。治療回数は通常1〜3回で終了します。1回の時間は長く、回数は少なく行った方が治療の効果が高いからです。
何回もダラダラと治療することは、根の病気を悪化させてしまいます。

外科的根管治療

根管治療は大きく分けると、2つに分類されます。

①非外科的治療

歯に穴を開けてアプローチする方法。精密専門根管治療もこれにあたります。

②外科的治療

外科的歯内療法

①の非外科的治療で治癒しなかった場合、②の外科的治療が必要になります。また、最初から外科的治療で対応した方がいいケースもあります。歯を残す最後の砦となる治療法です。特に臼歯(奥歯)の外科的根管治療は難易度が高く、この治療を扱える歯科医師は非常に少ないのが現状です。

この手術もマイクロスコープを使用しながら行います。従来のマイクロスコープを使わない手術と比較すると、飛躍的に成功率が向上しました。

精密専門根管治療例

治療例1:膿(根尖病変)が大きかった症例

虫歯が歯髄(歯の神経)まで達し、根の先に大きな膿が溜まり、周りの骨も溶けてしまっています。無菌的環境下で根管治療を行う。6ヶ月後には膿が無くなり、周りの骨も回復しています。使用薬剤;根管洗浄にNaOCl、EDTAを使用。

治療費の一例

  • 検査 5,000円
  • 基本費用(前歯部) 60,000円
  • 合計 65,000円(税別)

治療例2:破折ファイル除去症例

歯の中に細菌感染を起こし、根の先に膿が溜まっています。
以前の治療の時に、治療器具が根の中に折れ込んでしまっているという問題も同時に抱えていました。

治療費の一例

  • 検査 5,000円
  • 基本費用(大臼歯) 100,000円
  • 再治療加算 10,000円
  • 合計 125,000円(税別)

治療例3:パーフォレーションリペア症例

以前の治療時に、根の中に人工的な穴を開けられてしまっていました。その穴の周囲に細菌感染が起こり、膿も溜まっている状態です。顕微鏡を使用しながら、感染を除去。封鎖性の良い材料(MTAを使用)で穴を修復しました。

治療費の一例

  • 検査 5,000円
  • 基本費用(大臼歯) 100,000円
  • 再治療加算 10,000円
  • 合計 125,000円(税別)

精密根管治療1〜3用の副作用・リスク

  • 術中・術後に一時的な不快症状や痛み、腫脹などの事象が起こり得る可能性があります。
  • 通常の根管治療で治癒しなかった場合・根が割れてしまっている場合、外科治療や抜歯が必要になる可能性があります。

歯根端切除術例

術例1:ブリッジ装着後に、根の炎症が起きた症例

他院にて自費のブリッジを入れた直後に、根の先が膿んできてしまった症例。 患者さんの被せ物は壊したくないというご希望でした。
通常の根管治療だとブリッジを壊さないといけないので、歯根端切除術で、ブリッジは壊さずに対応したケース。
6ヶ月後には完全に治癒し、骨も回復しています。

治療費の一例

  • 検査 5,000円
  • 外科的歯内療法 100,000円
  • 合計 105,000円(税別)

術例2:セラミッククラウン装着後に、根の炎症が起きた症例

他院にてセラミッククラウンを入れて間もなく、根の先の炎症が起こった症例。被せ物を外さずに、外科的な治療で対応した方が良いと判断し、歯根端切除術を行いました。 6ヶ月後には、完全に治癒しています。

治療費の一例

  • 検査 5,000円
  • 外科的歯内療法 100,000円
  • 合計 105,000円(税別)

歯根端切除術1、2用の副作用・リスクについて

  • 手術後に一時的な腫れや痛みを伴います。およそ1週間で術後の症状は落ち着きます。
  • 全身的な病気のため、手術ができない場合があります。
  • 根が割れてしまっている場合は、抜歯になる可能性があります。

他の治療法との比較

根の先の病気が治癒しなければ、その歯は残念ながら抜歯となってしまいます。抜歯になれば、今度はその歯を補う治療(補綴治療)が必要になります。インプラント、ブリッジ、入れ歯から治療を選択しなければなりません。

インプラントについて

私自身インプラント治療に対して否定的ではありませんし、欠損補綴に対しては有効な治療法であると認識しています。しかし、やはり天然の歯には勝りません。また適切にメンテナンスしないと、インプラントが歯周病に罹患する「インプラント周囲炎」が近年問題になってきています。インプラントも完璧な治療法では無いのです。

費用面から見ると

一般的にはインプラント治療1本で30−50万、保険外のブリッジで20−30万かかります。同じお金をかけるのであれば、自分の歯で噛めるようにしたほうがいい事がわかります。

治療費

基本費用

  • 検査 5,000円
  • 前歯 60,000円
  • 小臼歯 80,000円
  • 大臼歯 100,000円

加算分

  • 再治療 10,000円
  • 穿孔修復 10,000円
  • 異物除去 10,000円

外科的歯内療法

  • 外科的歯内療法 100,000円

    当院で根管治療後の場合は半額